スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
和歌山来ています
昨日大阪入りし、台風のウネリを期待し夜中に和歌山のリーフポイントまで移動。
引率は関西のウエーブハンター柳氏。前々日までは頭位あったとの情報で多少の期待があったが明るくなって波が見えてきたら、腰腹とスモールコンディション。
でも、リーフブレイクのパーフェクトな波でSUPを堪能。
リーフ最高!でも足を切って明日からの四国が心配だが、波を追っての出張旅、まだまだ続きます。

DSC04808.jpg

DSC04805.jpg

DSC04804.jpg

サーフィン後の朝ご飯は、ここで(名前は忘れたがすじ肉のおでんが最高)。
柳氏もご満悦。
DSC04809.jpg

なんとこんなメニューも
DSC04811.jpg




スポンサーサイト
【2008/09/30 10:14】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ただ今滋賀県
東京でのインタースタイルを後にし、ただ今滋賀県に来ております。
今回に出張ではここまであまり波に当たらず、今後の四国に期待。
台風の進路も前回同様、太平洋を目指しているようなので高知に期待大です。

波はご紹介出来ないので、今回出会った乗ってみたいボードをご紹介します。

まず始めは湘南「new seeds」さんで発見したミニシモンズ。
Joe Baugessシェイプの物でEPSフォームを使用の為、めっちゃ軽いです。サイズは5'3"とこの幅なら問題ない長さ。欲しい方がいましたら、販売価格は不明ですのでお問い合わせ下さい。

DSC04797.jpg

DSC04796.jpg

お次は静岡の「BROS」さんで発見したBonzer5、その名もサム(たぶん親指)。マルコム・キャンベルシェイプのこのボード、マチャドもご愛用との事です。
こちらの長さは5'10"。

DSC04798.jpg

DSC04799.jpg

こちらもBROSさんで取扱いしているブランド・tomo。Rich Pavelの愛弟子として活躍しているサーファーシェイパーのダニエル・トムソン。ただ今来日中です。
戦闘機の羽をイメージしたフィンも特徴です。ハイパフォーマンスのツインを開発研究し独自のスタイルを確立しているブランドです。

DSC04802.jpg

e0132421_19393170.jpg

e0132421_19394656.jpg





【2008/09/29 11:45】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
SAVE TRESLES
カリフォルニアのサーフィン聖地トラッセルズが道路開発により、アクセス不能の危機に!?
どうやら有料道路の開発により、海までのアクセスが出来なくなる可能性が出ているようだ。

詳しくは「SAVE TRESTELS」をチェック。




DSC04794.jpg

【2008/09/28 10:48】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
RAEN optics日本上陸
無事、愛車も修理が終わり修理工場の青森より車をピックアップし、東京で開催されているアクションスポーツの祭典インタースタイルを目指して東京へ直行です。
下の画像は、ミッチーやスコッティーが愛用のアイウェアブランド「RAEN optics」。いよいよ日本上陸、販売は「KIYOMO」サイトをチェック。でもまだ更新されてないようなので、お問い合わせ下さい。



DSC04793.jpg


【2008/09/27 10:32】 | アイテム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
急遽仙台へ
昨日のアクシデントよりなんとか無事リカバリーです。
青森からレンタカーにより仙台へ到着。前日の波情報によれば腰位はあるとの事で、急遽新城プロには仙台に残ってもらい、翌朝撮影を兼ねたサーフセッションに参加することに。
ここ数週間仙台新港の地形も決まっておらず、殺人的インサイドダンパーなのでお隣の河口ポイントでサーフ予定。
翌日の河口ポイント、先日よりサイズアップのセット肩とクリーンなコンディション。
地元カメラマン、義さんにも連絡し最高のコンディションで撮影が開始された。

当日の模様は義さんのサイト「SLOW SURF」の9/23をチェック下さい。

img0095.jpg

img0003.jpg

新城プロのショートばりの早い板の返し
img0067.jpg

img0080.jpg

img0056.jpg

img0046.jpg

K太

img0085.jpg

img0006.jpg

エブリデーサーファーさとし登場(スタイル全開です)
img0044.jpg

SUPはこちらもSURFTECH社製LAIRD HAMILTON MODEL 11'6"、先日使用の10'00"とは比べ、さすが1インチ半も長くなると動きも別物で掘れた波では手こずったが、レイアードがチョープーを滑るのを考えればなんて事無いんだろうな~と自分を納得させ、突っ込みあるのみです。

img0018.jpg












【2008/09/24 10:56】 | | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
トホホ~
な、なんと愛車がダウン~。
青森の帰りに高速で~
悲しい姿をご披露しております。
キュルキュルと泣き始め、煙まで出し青森、弘前にてダウンしてしまいました。
急遽JAFを呼び高速から近所のディーラーへ。
出張もしばし延期になってしまいました、ディーラーの皆様申し訳ありませんがこのような事情でお邪魔するのが遅くなってしまいます。
復活次第、お伺い致しますのでしばしお持ちください。

DSC04787.jpg
【2008/09/24 10:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
09 Winter全国営業ツアー開始
遅くなりましたが、09 Winterモデルの営業開始です。
早速北日本の地、青森へ。台風のバックスウェルを期待し、胸膨らませ一路青森へ。
旅のメンバーは地元仙台より期待の若手K太と、湘南よりこの旅の為に来てもらった新城譲プロの3人で夜の高速で八戸を目指した。
取扱店の「gre'」 さんとポイントで待ちあわせたものの、期待のサイズではなくコンディションもいまいち。
八戸寄りのポイントが良いとの情報をゲットし、gre'さんのお客様とシークレットに移動。
面も整っており、サイズも腰胸とシェイプの整った波をたっぷり堪能の5時間サーフ。

東北でも個性的な方が多い青森の地ではボードも様々、ツイン、トライ、ボンザー、ロングと多種多様。東北の果ての地にこれだけのボード種類が大挙しているとは、誰も想像できないだろう。gre'さんの提案するスタイルが浸透している証であろう。



新城プロ、ロング、SUPと勢力的に波乗りをしSUPもかる~く乗りこなすところはさすがであった。メローな波質にもリップ、スラッシュとロングボーダーとは思えない動きに地元のサーファーも楽しんでくれたようだ。
ちなみにSUPはSURFTECH社製LAIRD HAMILTON MODEL 10'00"ハワイブランドの物よりもノーズ幅があり安定し、さらにテール幅をしぼっているので回転性も良い。平水面での安定ももちろんだが、しっかりと波乗りも出来るボードだと思う。

DSC04764.jpg

DSC04780.jpg

夜の宴はgre'三浦オーナーのブログでいつも「マジ~」と唸らせてくれている海鮮三昧!
毛ガニから始まり、金目鯛のカマやご覧のようなお刺身盛り合わせ(そんじょそこらの盛り合わせとは中身も厚さも違う!)を頂き、一年分の魚介類を堪能させて頂いた。
生まれた初めて魚類だけで腹一杯になった。

ありがとうございます、三浦さん。そしてお世話になったご友人の皆様。
今度は是非、仙台にいらしてください。

長旅はつづく・・・・

DSC04786.jpg





【2008/09/21 21:46】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09 WINTER出張出発です
いよいよ明日夜から今期冬モデルの営業の旅へ出発。
最初の地は青森、湘南より新城プロも駆けつけてくれ営業の旅に参加予定。
台風の抜けた青森のグッドスウェルに期待大。
楽しい営業の旅になりそうです。
ご期待ください~

ピクチャ 1
【2008/09/19 22:43】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Super Holiday 2
先日の3連休の画像を送って頂きましたので、ご紹介致します。
なかなかこんな波の良い日は、気がアセッて写真を残す事が出来ないのですが今回は大勢いたので、入ってない方が撮っていてくれました。
どんだけ良かったかご覧下さい。

写真を送って頂きました剛くんにアキ、ありがとうございました。

京都アツシ~くん


地元からアキ~
IMG_0074.jpg

SUP
IMG_4572.jpg

IMG_4547.jpg

IMG_4743.jpg






【2008/09/17 21:31】 | | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Super Holidy
この三連休、仙台エリアは素晴らしい波に恵まれた。
先週の金曜の頭オーバーを皮切りに、連休初日より肩胸サイズでスタート、翌日胸肩、本日胸とここ数ヶ月で、一番のコンディションだった。
この連休にあわせ、都内よりKikko's様ご一行や、京都より一晩で駆けつけてくれた友人、アツシ君ご一行と最高の仙台の波で迎える事が出来た。

知らない土地でサーフする事はとてもエキサイティングな事だ。
目的地までの道中、目的地での探索、その土地の人との触れ合い等、日常地元でサーフィンをしている以上に得る物が大きいと思う。一時間でもドライブすれば、まったく違うスタイルのサーフポイントも沢山あるだろう。
ホームからビジターとしてのルールも勉強するだろう。
旅にでよ~楽しいから~

ご清聴ありがとうございました。




京都より10時間走りっぱなしで駆けつけてくれたアツシ君ご一行。なんと待ち合わせの時間にたったの10分遅刻と、素晴らしいフットワークを見せてくれたのには驚いた。

080913_104202.jpg

東京の取扱店Kikko'sさんのお客様ご一行、タイラーのボード含めシングルマニア達だ。
DSC04752.jpg

DSC04751.jpg

DSC04750.jpg






【2008/09/16 12:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
09 WINTERカタログ製作終了
毎年、毎シーズン訪れ苦労するカタログ製作。何十回もこなしてるはずなのにこの時期、睡眠時間がぐっと減る。最初の頃は普通に2日は徹夜でなんてのもよくあった。
最近はそこまでハードは出来ないので、準備期間が大切になる。でも、そんなにうまく行くはずが無く、結局最後がとってもハードになるわけだ。
でも、それも今晩で終わり。うれし~
遅くなりましたが、来週より出張に出ます。
取扱い店の皆様、どうぞよろしくお願いします。
良い波にも恵まれますよ~に。

写真は今期の表紙とカタログの中にも登場してくれる、オーストラリアの若きノーズマスター「ジャイ・リー」です。
ジャイはCJとも仲が良く、「Another State of Mind」の製作者Steve Clevelandの次回作にも出演予定との事なのでどうぞお楽しみに。

ピクチャ 1


_DSC0512.jpg


_DSC0399.jpg



【2008/09/10 21:52】 | アイテム | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
本日の波
まったく波の無い仙台エリア、河口ならばと南下し訪れたポイント。まさにロングボーダーの聖地と化しておりました。
この画像を撮った時間が一番良かったようで、見る見るうちに潮が上げ込み割れづらくなり1時間程で終了。
引きいっぱいが狙い目だろう。
天気は良いのだが波が・・・・
週末に期待。

09 winterのカタログもほぼ完成、今期の一押しはモデルAのノンジップタイプ。
取扱店の皆様、来週には送付開始予定ですのでしばしお待ち下さい。





DSC04736.jpg


【2008/09/10 15:20】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近のCA
毎年カリフォルニア・サンディエゴにて開催されるアクションスポーツトレードショウ「ASR」の為に現地を訪れているHUBS CAのD前氏より、最新の画像が送られて来たのでご紹介します。

1週間程の滞在のようだが、毎日波もあるようで恨ましい限りの出張に行かれているようだ。下の画像はMitch Abshereプロデュース「Tales From The Black van」のパーティーのフライヤー。
現地での人気の高さを証明しております。

画像 612

そして前回日本に訪れた際にサンプルを持参し、テストを繰り返していたCJのオリジナルボード「City Fog」のボード。アーティストとのコラボと思ったら、CJデザインのようです。マルチな才能発揮しております。

画像 713


【2008/09/09 16:15】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WLT in 福島
痛めていた腰の調子も上向いてき、体の痛みと共に心の痛み(腰痛による)も和らぎリハビリを兼ね福島にて開催されていたMURASAKI PRO KITAIZUMIを観戦に行って来た。この大会はショートはWQS,ロングはWLTと北日本で行われる唯一の世界大会だ。
弊社期待の新城譲プロも出場したが、惜しくも予選敗退。唯一の日本選手として尾頭選手がクォーターへ進出したが惜しくもここで敗退。
決勝はハワイ勢同士戦いでおなじみボンガ・パーキンスとキーガン・エドワーズ。
オーストラリア勢の参加は少なかった物の、二人を含むハワイ勢の活躍が今回に大会を盛り上げた。決勝のコンディションは腰腹と予選時のサイズは無く、セット間も長く波選びに両選手苦労していたようだが、しっかりとしたショルダーの張った波をテン、ドライブのきいた深いボトムターン、鋭角なリップ、スピード、全てにおいてボンガがキーガンを上回り、実力の差を見せつけた。
このレベルになると、ロングの動きもラインもスピードもショートボーダーに近く、見ている観客を含めプロ達も目が離せないライディングであった。

今回の大会を見て、世界の向いている方向と日本人のついて行ってる差が縮まってないようなそんな気がした。
ショートボーダーがショートボード、ロングボーダーがロングボード、そんな認識が消えるまではこの世界との差は縮まらないのではないだろうか。
しかし、日本においても最近のショートボードプロのロングボード大会へ参加というのは今後のロングボードの大会において大きな変化をもたらす事は間違いないであろう。



決勝のボンガ
DSC04694.jpg

追うキーガン
DSC04696.jpg

DSC04695.jpg


【2008/09/08 14:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。